FC2ブログ
医食同源ですよね。 
いつもの文章と違ってレポート風で
なんだか店長らしくないブログと社内で評判(?)
先日書いたコレコレ

外構業界の変わった事
変わっていない事のお話が
まだ途中なのですが

次が一番書きたかった事で
でもまだちょっと頭と心の
文章がまとまっていないので
ただいまちょいと少し話がそれています。

必ず書ききりますのでもう少々お待ちくださいませ。


で。水曜日の今日は久しぶりに
お休みを頂いております。

かといってどこか出掛ける訳でもなく
溜まった疲れと溜まった家事を少し解消して
1日が終わっちゃうパターンです。

私の場合はほんとそれが何よりなんで
今日はめっちゃ充実しました


何が良かったって。
キッチンの掃除をしていたら、ガス台に
「お米焚きボタン」があることを発見思い出して
16年前に買って、ほとんど使っていなかった
(当時の私に使う時間も気持ちの余裕もなかった
お米焚き用土鍋を棚の奥からゴソゴソ出して
早速新米を焚いてみたんです

 
画質の悪い私の携帯でもこんなにピカピカに撮れちゃうくらい
大成功~  16年越しの小さな夢がやっと叶いました

新米
早速卵かけご飯に。めっちゃ美味しかったぁ~

何が一番の贅沢って、手間暇かけて何かを作り
大切な人達と一緒に幸せを感じられる事
なんだと思います。

それが明日の活力になるかと。



サボテンも。 
先日の講習会の前日。いけざわ社長が
つくば店のパソコンでの作業が残っていて
時間が結構かかってしまったので
竜ケ崎店のスタッフには先に上がってもらい
ふたりで残業をしていました。

夜7時ぐらいになり、さすがにお腹もすいたので
つくば店の目の前にあるココスで軽く食べることに。

みどり野に来るまでは、家の近くになかったこともあり、めったに
いや、ほとんどファミレスを利用する機会がなかったのですが
今はつくば店から徒歩60歩にココスさんがあるのでなにかと便利
お弁当が作れなかった日や今回みたいに遅くなった時など
ときどき利用させて頂いております

ファミレスだとガッツリハンバーグなイメージが強かったのですが
ヘルシーな料理、お洒落なメニューも増えて悩みますね。

で、今回メニューを見て1番気になったのは

レアな健康食材!「うちわサボテン」の塩ピクルス!!

saboten.jpg
        
以前スーパーで売っていた食べられる多肉も食べた私として 
「これは一度食してみなくてはっ」と ひとり使命感を感じ(笑)

選んだのは、サボテンが入った・・・
 
cocos.jpg
トルティーヤ付タコサラダ(後ろのポテトは社長のです

説明通りコリコリして海藻のような食感で
私個人的には大好きな味でした

朝はアロエヨーグルトも食べてきたし
これで多肉、アロエ、サボテン完食(笑)

どれも栄養満点だなんてすごいですね

サボテンが食べちゃいたいくらい好きな方も
ぜひご賞味ください

20年もの。 
さて。なんとか体力が戻ってきたので
久しぶりにブログUPです

なんかあれなんですよね。私事で恐縮ですが
子供が大きくなって手がかからなくなった分
今度は親のサポートをする機会が増えてきて
20年という時間の流れをダイレクトに感じる
今日この頃・・・出来る事からコツコツとです。

そんな私事のバタバタも少し落ち着いた今週の定休日に
仲良くさせて頂いている牛久の「たまの酒店さん」とのコラボ企画
「ヴィンテージワインの楽しみ方」 レクチャー上級編を
スパイラルガーデン竜ケ崎店にて1日限定開催させて頂きました
(実は開催は2回目。前回は「ワインの楽しみ方」初級編でした)

企画したTamanoさんのご挨拶から始まり・・・
Wine4.jpg

Tamanoさんの20年来の友人でもある
ワインアドバイザーK氏を講師にお招きしてのレクチャー。
Wine5.jpg

お二人が練りに練ってセレクトしたヴィンテージワインを
ご参加頂いたお客様と共に学び、そしてゆっくりとご堪能頂きました

Wine1.jpg

デキャンティングはワインシャワーを使用。綺麗~

Ksan1.jpg

ワインインポーターとして世界各地のシャトーを行き来している
K氏ならではな絶大的な知識と経験、価値観、世界観は
哲学的でもあり芸術的でもあり時折辛口でもあり、ワインの楽しさ、魅力を
ここ茨城の外構屋のお店で惜しげもなくお教えくださいました。

T×S

大勢集まれば珍しいワインや憧れのワインも
みんなで色々飲み比べ出来るのもワイン会の魅力ですね

Wine7.jpg

ご用意した軽食も友人のイタリアンシェフにお願いしたりして
5年越しの夢のコラボが実現致しました。

Wine2.jpg
パンを切り分けるいけざわ社長。違うお店の人みたい?

外構やさんのお店が1日限定の素敵な空間に


ワインとお庭って一見接点も関係もなさそうですが
どちらも人生に彩りを与えてくれる存在。
自然と植物、大地を相手にしていたり
職人の手間が仕上がりと値段に影響したりと
案外いろいろと共通点がある気がします。

くしくも今回のメインは1996年のヴィンテージ。
20年という月日も1日1日の積み重ねだなぁ~と
色々と考え深くなれるのもワインの良いところですね。

ワインも好きだけど難しい事はちょっと・・・な私も
すごく楽しめましたし、とても貴重な経験になりました。

お忙しい中ご参加くださった皆様ありがとうございました


そんな感じで、今回は夜の1DAYワークショップ。
本業の合間の企画イベントなので不定期開催になってしまいますが
これからも色々な方々とコラボして、お客様方に
豊かなひと時を楽しんで頂けたらなっと思っております




お料理も。 
今日は私事をちょこっとご紹介したいと思います。

ここ最近のマイブームは「きんかん」

らっきょう、梅、新生姜に続いて
季節を感じる旬な手仕事を楽しんでいます

お休みの日とか、仕事が終わってからとか
朝早起きしてとか、時間を作って、せっせと
作り置きだとかお弁当だとかを料理をするヒトトキは
結婚21年目にしてやっと訪れた小さな幸せ
そんな何気ない日々に感謝なのです。

とはいっても。忙しい時、体力や時間がない時ってどうしても
料理とか洗濯とか家の事すべて面倒になってしまいがちですが
何事も面倒だと思う事ほど学びがあると思っているので
そこはアイデア&アンバイで程よく手間をかけたり、手を抜いたり(笑)
食材を活かし、素材を活かし、極力健康的な食事と生活を心がけてます。
時間とお金の節約にもなりますからね。


で。先日初めて作った「金柑の甘露煮」

kinkan.jpg

美味しく出来て幸せ~

以前から作ってみたいなっと思っていたけど
難しそうとか時間がないからとか、なんとなく
理由や言い訳つけてやっていなかった事
これでまたひとつクリア!

自分の苦手意識を克服すると
新しい世界が見えてくるような
気がします。

料理にしても仕事にしても物事すべて
手間ヒマかける事は尊いなっと。
Hurry up!!  
昨日の夕食の 鏡餅を使ったお雑煮
家族にとっても好評で大成功でした

やっぱり ゆっくりしっかり昆布のおだしをとったのが
良かったんだなぁ~と再認識。味の決め手は旨味なのですね。

ここ最近 昆布ダシのパワーに魅了され
コブラブコブラブとひとりで騒いでいる私 いひひひひ

なんで いひひひなのかと申しますと
自営業の妻をしているとなかなか あなどれないのが食事の支度。

旦那さんでもあるいけざわ社長は 現場に1日中出る事も昔に比べ少なくなり
その変わり事務所での仕事も多く 現場の確認やお打合せで事務所を出ても
お昼は 節約も兼ねて極力自宅で食べる様に予定を組んでいるので

妻である私は お弁当を作らなくなった代わりに
ほど良いタイミングでお昼も用意しなくちゃいけなくなって
毎日の事ですからね~それがなかなか難儀なのでございます。

社長の忙しさに比べたら微々たるものですが
私もいろいろお仕事などをしながらなので

いけざわ社長の次の予定にひびく事無く
いかに「早く・安く・美味しく」作れるのか
自分の料理に探究・探求(どっち?)する毎日

時々 時間的に(社長の)・体力的に(私の)・材料的に(冷蔵庫の)
作れない事もありますが、そんな時はササッと外で食べたり
パパッと買ってきたりしているけれど 基本いつも作っているので

手間を掛けられる時は掛け手を抜きたい時は上手に抜く
そんな秘訣を模索中

それにはやっぱり 昆布や煮干しなどのおだしや
薬味パワーを活用しない手はないのです。

だから 苦手かな面倒かなと勝手なイメージでやらなかった事が
気軽に活用出来る様になったのが嬉しくって ついいひひひ(笑)

料理の世界も広くって深くって楽しいですよね

手間ヒマかける時間も楽しめたら
本当の意味で「心のゆとり」も
生まれるんじゃないかなっと想っております。

お庭も食事も 彩りですから


そんな私なりのマンジャーレな発見のお話も
今年はこのブログで時々ご紹介しちゃいますね。

まずは マメな更新からかな(笑)
はるばる。 
今回旅行先として選んだ「甲府」

前回のブログでご説明した通り
急に決定決行したので
予約を入れた工場見学以外は
特に予定も決めずに向かいました。

もちろんはるばる行くからには
ふたりとも遠慮せずテイスティングしたいので
予め甲府駅前に宿を取り、そこから
電車とタクシーで工場まで向かう徹底ぶり(笑)せっかくですから

そしてスムーズに移動ができお昼前に到着!
着いた!

見学の時間まで少し余裕があったので
   森林浴ができるテラスでランチ
   森薫るハイボール
  やっぱり本家本元のハイボールは
      氷からして違います

食事が終わった頃ちょうど時間になったので
集合場所に集まり、見学ツアースタート♪
創業者「鳥井信治郎氏」の歴史を映像で見た後
        いよいよ工場へ

  いざ!

平日だというのにツアーの定員(40名) いっぱいでした。流石!
発酵 蒸留
見学ツアー 保管
こんな感じで ウイスキーが出来るまでを 五感で味わうことが出来ました♪

真剣
旦那さんでもあるいけざわ社長も
めっちゃ真剣にみています。

想像以上に樽もポットスチルも大きかったし
工程で変わってくる香りの変化も楽しめました。
あと何より感激したのはこの工場全体が
本当に「森薫る」場所だったってコト。

森
自然に囲まれた工場の敷地面積はなんと!東京ドーム64個分 。
キャッチコピーの「森薫る」は本当で 工場の周りの
森全体がさわやかな薫りで包まれていました。

工場の場所や保管している環境って
ウイスキーの味とは直接関係なさそうなのですが
スコットランドのウイスキーでも 海辺りで創られ保管されていると
ほんのり磯の香がする物があるように 環境が味に移るのも自然らしく
何年も何十年も樽の中でねかされながらもちゃんと呼吸をしているから
樽の香りだけではなく、そこの空気さえも一緒に摂り込んで
ゆっくりと年数をかけて浸透し熟成していくんだろうなぁ。。と
この場所に立ってここの空気を吸ってみて 感じる事ができました。

最後はお待ちかねのテイスティングTime
試飲

究極の「森薫るハイボール」の創り方も伝授。
説明

ここで知ったのは ウイスキー「白州」の仕込み水は
同じ場所に工場がある「南アルプスの天然水」だということ。
そりゃ仕込み水で割ったら美味しいに決まっているよね~

水の大切さを再認識しながら やっぱり
ベランダでミントを育てようと決心する私なのでした。

はるばる行った甲斐がありまくりの甲府旅行
「小作編」と「グレイス編」はまたの機会に。

にこにこ。 
朝 目玉焼きを作ろうと たまごをわってみてびっくり~

nikoniko.jpg
     なんと ひとつの卵に黄身が2つ
 
   なんだかちょっと得した気分で にっこり~