FC2ブログ
ちょっとね。 
あっという間に5月も終わり
今年も半分が過ぎようとしているなんて…

ほんとに1日は24時間なのかな?
1年は変わらず365日ですか??

なーんて 当たり前なコトにさえも疑問に思う
疑心暗鬼な妄想炸裂中な今日この頃。

うぅ… 気持ちばかりが焦ります


しかーし 考えてみたら

5月は「5月病」って言葉がある様に
時期的に気が重くなりがちなのですが

ちょっと周りをみてみれば、
植物達は芽吹き、花を咲かせる素敵な季節。

ずっとじっと時期を待っていた種は
覆っているカラを破り、かぶっている土を押しのけて
芽を出し、若葉を開き、花を咲かせたりしているんですよね

人知れず自然の中でそっと命を繋いでいる
そんな生命力溢れる植物達にふれていると
目も心も癒されて、不思議と笑顔も増える様な気がします。

いまの苦しみの先には
芽を出し、花を咲かせ、実をつける。
そんな自分をイメージする。

それが出来たら いいよね♪

わたしも今の事務仕事が終われば、久しぶりに
お花と多肉と向き合えるお仕事が待っているので
今からすごーく楽しみにしているんですよ

あとちょっとだ!
さーて 明日もがんばろっと
なんでもね。 
得手と不得手。

得意と不得意。

理想と現実。

長所と短所。

メリットとデメリット。


どれも
なかなか
バランスが
難儀であります。

自分がそれと
どう向き合っていくのかが
ある意味テーマなんでしょうか




ちょっとした。 
弊社の新店舗も
建物の引き渡しから早2ヶ月・・・・

しか~し、事務所・店舗・自宅 と
3回分のお引越しをしているので
日々アレコレ動いているものの
なかなか終わりが見えてきませ~ん

しかも 決算前の事務仕事もたくさんあるし
図面のサポートにも入っているので
なんだかんだずっと外に出れていなくて
なかなか現場の職人さんに会えない私ですが

ちょい事務仕事で書類を整理している
こんなちょっとしたメモ書きからも
現場のみんなの頑張りを感じているんですよ はい。

ダンドリ

現場や置き場に部材を届けてもらった時の納品書の
  裏に職人さんがえんぴつで書いた段取りメモ

こんな感じで 現場の職人さん達は
それぞれ自分の作業の予定 + (プラス)
天候や部材の入荷具合、重機の予定も確認しながら
お客様の工事を進めさせて頂いております
お天気は。 
今日みたいな「雨のち晴れ」の外構屋泣かせのお天気は
その日の工事内容で、1日お休みさせて頂く事もあれば
晴れを待って工事に入らせて頂く事もございます。

各現場、場所も天候も工事の施工内容もそれぞれ違うので
現場ごとに最良な判断をさせて頂いておりますので
天候によってやもなく工事を空けてしまう事もございます事を
何卒ご理解の程お願い申し上げます。


そんな不安定なお天気の日も
お客様の現場がお休みになったからといって
職人さん達がいつもお休みかというと
実はそうでもなくって

弊社の職人さん達の場合は、大雨や大雪でない限り
今日みたいな天気でも基本通常通り置き場に集合して
いつもはゆっくり時間をかけられない
置き場の整理、事務所の掃除、残土やガラの処分
重機や工具のメンテや明日以降の段取りなど
雨でも出来る仕事や大切な下準備をしています。

現場以外にやることも、雨だからやれることも沢山あるのです。

これもまた手間の掛かる作業なのですが
お客様の現場での限られた時間内で
よりスムーズに施工を進められるためにも
実はとっても大事なお仕事なんです。

いつもは朝置き場の事務所に集まってから
それぞれ各担当の現場に分かれて
工事をしている職人みんなが、今日みたいな日
揃ってわっしょいわっしょい作業している姿は…
そうですねー「秘密基地」造っている感じ?楽しそうな感じが(笑)


実際うちのスタッフも、仲間の職人さんから
「スパイラルってなんだか楽しそうだね」って
よく言われるそうなんですよ。

同じ職人さん目線でそう感じて頂いて
そう言って頂けてとってもとっても光栄だと思います

仕事はどんな事でも前向きに頑張らないと!

ですもんね




しばらくは。 
新店舗リニューアルOPENの準備も
なんとかコツコツ進んでおります。

レジ台もOK打ち合わせスペースもOK
何気にアイポイントとなるレジの後ろ部分も、ずいぶん悩みましたが
先日なんとか納得いくものが無事に完成したので
店内はだいぶ形になってきました

でもほんと、ひとつ解決すると
またひとつ別の問題・課題が見えてきて
まだまだまだまだ先は長いなぁ…っと感じてしまいますが
悩む事、迷う事、考える事、決める事を苦痛に思わず
むしろ楽しみながら ひとつひとつ前へ進めて行きたいと思います

こんな感じで
お店の内に関してはかなり方向性が見えてきましたが
お店の外はといいますと まだ検討中な事ばかりで…

やっぱり専門外な事は わからない事が多いので
餅は餅屋 庭は庭屋 酒は酒屋 看板は看板屋に限るってことで
先日 いつもお願いしている看板屋さんにご相談させて頂きました。

注意すべき点、設置方法などなど
専門的なご意見を直接お聞きすることができて
ほんと勉強になります なるほど。

希望と予算との兼ね合いもあって(お庭と同じですね)
決定&完成するまでまだまだ時間が掛かりそうですが
看板は会社の「顔」でもありますからね。
急がず納得できるものを選びたいと思います。


ちなみに 今ポーチのベンチにある看板は
いままで使っていたもの。
今は仮設置的な感じなのですが
新しい物が出来るまでもうしばらくそのまま。

しばらくは。

仮店舗もバタバタと終了してしまったので
お店がなくなって心配している方も
きっといらっしゃるかもしれませんから

スパイラルはこっちに戻りましたよー 潰れてませんよー
そんなアピールも兼ねて いままでと同じ看板を
しばらく出しておきたいと思います  はい。


まだ先は長いのですが、お店の外に関しても
また進展があったらこちらでご報告します

実話。 
私自身が引っ越しと事務所でのお仕事の毎日で
公私共にお外に出られていない為
最近このブログで お客様の現場の様子も
施工の進行状況も職人さんの頑張りも
お伝えできてないな。。。っ と困っていたら
営業かたくらくんが「スタッフブログ」でUPしてくれました。

スタッフブログ

現場の様子はフットワークのある若手に託して
私は安心して新店舗の工事の続きを
書かせて頂きたいと思います。

で、あれからまた少し工事は進んで
お次は親方も登場
ポーチのタイルを張ってくれました。

タイルを張る前の大事な作業「レベル出し」
レベルは糸を張ってだします。
「糸で??」と驚かれるかもしれませんが
ここは時代は変われど・・な感じ。

現場をご存じない方には
「たかが糸」なのかもしれませんが
現場の職人さんにとっては「されど糸」

水平や勾配を示してくれる
とっても大事な役割をしていますので
もし工事現場で糸が貼ってあるのを見たら
触らない様に気をつけてくださいね。


そして 下地ができたらいよいよ「タイル張り」
300×300のタイルを
現状にあわせて貼って行く作業は
ある意味 数学的かもしれません。

目地の分もちゃんと計算にいれなくちゃ
収まらなくなっちゃいますからね。

しかも細かい収まりは
収めるサイズにあわせて
現場で1枚1枚カットしながら
貼っていきますから
かなり手間も時間もかかります。

で、キレイに貼れたら目地をつめて
ふき取って完成。

仕上げのふき取り作業

このふき取りの加減も按配が大事。

タイルを張るだけの1工程をみただけでも
現場の作業って 常に頭も体も気も使うって事を
改めて感じることができました。

本物の職人になるには
時間も気概も必要なのも納得 
なんでもできちゃう親方はすごい!


職人さんが表に出る事が少ないこの業界ですが
実は現場で地味に地道に作業を進めている職人さんが
一番かっこいいって事、私は知っているんです  はい!

そんな地味でかっこいい実際の話。
これからもどんどんお伝えしていきたいと思います


こんな感じでお店の前も
タイルを貼ってもらえてキレイになったので
足元は大分よくなりました。感謝です

でもポーチの周りがまだ出来ていないし
高低差も少しあるので断面が丸見え。

この写真をみるとポーチひとつとっても
これだけ工程があるってことがよくわかりますね。

なんかケーキみたいで美味しそ~ 

断面図
          注)食べられません


で、弊社の外構はしばらくここまで。

実は具体的なお庭のプランが決まっていないので
お次は先に 看板とかポーチのライトを
なんとかしなくちゃと考えております

次回のブログは
店内の様子をご紹介したいと思います