FC2ブログ
レアですね。 
弊社の竜ケ崎本店の外観は、お庭やさん感がないらしく
美容院かな?レストランかな?っと不思議に思っている人も多いとか。

でもそんな外見、パッと見、見た目とは違って
老若男女気軽に寄れちゃう「お庭の専門店」です。

職人さんがダンプで事務所に寄ってくれる時は瞬間的に
ものすごく工事屋さん感が増すかも(笑)
asano.jpg

置き場が別の場所なので、なかなかレアなんですけどね。

さぁ!今日は貴重な晴れ間、現場も事務所もフル稼働です
いまですね。 
今週は連休が多かったからかな。
あれあれ?もう週末!?っと 
本気で驚いております。

毎週、毎回、土・日・祝日は
お打合せでほぼ予定が一杯になる
営業マン いけざわ社長。

お打合せの時間はいつも
お客様の笑い声や驚く声感心する声が
隣の部屋で図面を描いている私達にも時折聞こえてきて
なんだかとっても良い雰囲気なので
一緒に参加させて頂きたいくらいです(笑)なんちゃって。

流石にそれはないですが
私達は、お客様といけざわ社長が
快適にお打合せが出来る様に
アシスト&サポート役として
裏方で参加させて頂いております

パパさんママさんとおじさん(いけざわ社長)のお話が終わるまで
お子さん達と一緒に遊ばせて頂く機会は
私達女性スタッフの楽しみなヒトトキなんですよ

竜ケ崎本店、つくば店共に
キッズコーナーをご用意しておりますので
ぜひ、ご家族揃ってお越しくださいね


そしてお知らせが。

お庭のお打合せやご相談を随時承っておりますが
ただいま図面もお見積りも、そしてこの悪天候で現場も
大変混み合っている状態です。

通常よりもお時間を頂いております事を
何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。

それに伴って、しばらくの間お庭のお打合せは
完全予約制」とさせて頂きたいと思います。

特に土日は大変混雑しておりますので
早めのご予約をお勧めしてます。

お手数をおかけして申し訳ございませんが
何卒よろしくお願い致します。

また。お打合せする時間が「仕事の後しかない」とか
「夫婦が揃うお休みが水曜日しかなくて」などなど
お客様のご予定に合わせて
弊社の営業時間外や定休日でも対応可能ですので
ご希望の方は遠慮なさらず予約時にご相談ください。


そんな感じで臨機応変に動けるのが
小さな会社の良い所のひとつかと


雨ですね。 
今日も生憎の雨ですね・・・

ほんともう
やっと梅雨が終わったかなと思う暇もなく
毎週のように台風や豪雨がきたり
やっと過ぎたかなっと思いきや台風一過で
倒れるくらいの猛暑になったり
やっと秋だから落ち着くかなっと安心する間もなく
秋雨前線の影響で雨続きだなんて・・・・辛すぎです。

ほんと日本各地の外構屋さん&職人さんがみんな困り果てて
あちらこちらからため息が聞こえてきます うちのいけざわ社長もです

この悪天候の影響で工期や着工が遅れてしまっている事を
とても心苦しく思っております。ご依頼頂いているお客様方に
ご迷惑とご心配をお掛けしてしまい誠に申し訳ございません

しかし、自然に逆らうことが出来ない外仕事。
どんなに準備をしていても、天候・湿度・日照・温度によって
段取り通りにいかず、時間や手間が掛かってしまうことが多々あります。
例えば、あと 2日で終わるはずの工事も、雨が何日も続いてしまうと
1週間ずれてしまう事もあるので、工期が読めないのが悩みどころなのです

その中でも、最善の決断を選んで随時順番に進めておりますので
何卒、何卒ご理解とご協力の程お願い申し上げます。


今日の生憎なお天気みたく
なんだか気分がどんよりしがちな事務所に

そんな気分が吹っ飛ぶぐらいの
かわいいかわいいカタログが届きました

Juicy.jpg
そうなんです なんと!あの!
「そとや工房&ジューシーガーデン」商品の取り扱いを始めます

可愛くて悩むのも楽しくなっちゃうガーデンアイテムが盛り沢山

今後は各店舗にポストの見本なども増やしていきますので
楽しみにしていてくださいね ではでは。
それからですね。 
では。引き続き
この外構業界で「変わったなっ」と
思う個人的な意見を書いていきますね。

いままでの外構業界の流れを知って
なにかの参考になったら嬉しいです


1つめ 「資材」

昔はCB(コンクリートブロック)が主流で
化粧ブロックってお洒落!な時代でしたが
今はもうご存知の通り、ブロックにしてもレンガにしても
ポストや表札ひとつとってもめちゃくちゃ種類が増え
この20年あまりで外構に対する意味や意識
価値や役割がガラリと変わった様に思います。

施主様にとってはお好きなテイストに合わせて
ご予算に合わせて、色々選べ、組合せられる様になったので
表現力はまさに無限大です。すごい時代になりました!

それに伴って提案させて頂く側の私達も
実際に施工する現場の職人さん達も
ついていくのになかなか大変だったりしますが
「大変=やりがい」だと思っているので、毎日、毎回
違う日々を過ごさせて頂きとても充実しています♪


2つめ 「ネット」

インターネットの進化により表現力が多様化。
これは外構業界だけの話ではないですけどね

ちらし、広告、看板を使っての宣伝が
ホームページ、ブログ、SNSなどの利用で
個人が直接発信する事が可能となりました。

ちなみに弊社の場合は、アナログ人間が多いのと
現場と通常業務の事でいっぱいいっぱいなので
あいまあいまの私のブログだけで精一杯だったりして
何気に時代に遅れがちなスパイラルです実は。

でも。外構業は現場納めてナンボですので
そこはもっと体制を整えてから
後々改善していこうかと思います。


今回は2点を書きましたが、
たぶんこの「資材」と「ネット」の変化と進化は
便利になりつつも、逆にありすぎてわからない
何を選んだらいいのか決められない っと
お客様が悩んでしまう原因になっている様にも感じます。

弊社としましては、そんなお客様のお悩みに寄り添って
解決&改善するお手伝いをさせて頂く事を生業とし
夢もお悩みもご予算も十人十色。お客様おひとりおひとりに
誠心誠意お付き合いさせて頂いております。

ただ、スタッフ合わせても10人満たない小さな会社ですので
混み具合によってはお時間を頂いてしまう事もございますが
ご安心して、お気軽に、ご相談頂けたらと思います。

外構は一生モノのオートクチュールですから
じっくり・ゆっくり時間を掛け吟味するのが良いかと


ではでは。

次回は「変わらない」「変われない」
「変わっていない」こと。

ご説明させて頂きます!
そうですよね。 
ここ最近ブログをしっかりゆっくり書けていなかったせいか
書きたいことやお伝えしたいことがたくさんあって
ほんといっぱいあるから書く前に忘れてしまいそうで
忘れちゃう前に慌ててネタ帳的なメモをとりました。

いつもは書きたい時に書きたい事を
書いてきたのでメモは何気にお初

その時、その時の考えや想いや閃きを
書き残すのって大事だなーっ
忘れちゃもったいないなーっと思い
書いてみたら安心しました。

安心しすぎてお蔵入りしない様気をつけて
形にしていきたいと思います。

そうそう。それから。あれから。
昨日のブログをスタッフのfukuさんにも読んでもらったら
CADの進化は良く知っているのでうんうんっとうなずいていましたが
地図に関しては「そうだったんですかーっ」と驚いてました。

考えたらそうですよね。
25年前。20歳過ぎの職人見習いだった現いけざわ社長。
25年前。福岡のかわいい幼稚園生だった現頼れるスタッフfukuさん。
住んでいる場所も違えば、見てきたものも違いますからね

今現在ここ茨城の弊社で、お客さまのお庭創りの為に
共に働いている事は、不思議なご縁なんだと思います。

そう考えたら。
いつも通りお見積りや図面の変更の
打ち合わせしている真面目なふたりの姿が
いつも以上に 考え深くなっちゃいます。

打合せ
   うんうん大きくなったねって。 私母親か(笑)


さてと。今日のブログはこの辺にして
そろそろ私も支店に行ってお仕事します

昨日のブログの続きはまた明日
次はですね。 
さてと。昨日の続きです

間接的に 10年&直接的に15年
この外構業界に携わってきて
変わったな。変化したな。と思うこと
書いてみたいと思います。

あ、あくまでも私個人的な感想ですので
予めご了承くださいね。


その1 「地図」

ひと昔前。地図は買わないとみる事が出来ない物でした。
お客様の住所をお聞きしてから現地調査や現場へ向かうのにも
法務局で調べたり、分厚い地図を高いお金を出して購入して確認したりと
お客様のお宅までの道のりを探すことさえもひと苦労だったそうです。
ナビが出来たのって感動しましたよね。

今はナビがなくても、パソコンや携帯から簡単に調べられるし
行き方も、時間も、料金も教えてくれるし、しかも
航空写真だとかリアルマップだとかだなんて
こんな時代がくるだなんて想像していなかったと思います。


その2 「写真」

覚えていますか?「写ルンです」
現地調査や現場管理の写真は、まずは現像に出してからでした。
修行時代、現場監督をしていた頃の現いけざわ社長は
頻繁にカメラ屋さんに通っていた記憶があります(笑)

当時のカメラは今の携帯やデジカメみたく、何を撮ったのか
ちゃんと撮れているのかすぐチェック出来なかったし
たしか現像が出来上がるのも数日待った記憶が。
今では撮った写真をその場で事務所に送れるので
ほんと便利になりましたね。


その3「CAD」

知識も腕も必要とする手描きだけの時代から、CAD導入の流れへ。
現いけざわ社長が25年ぐらい前に職人見習いとしてこの業界に入った
少し前に2Dが3Dになり、画期的な変化をもたらしたそうですが
線から面へ。白黒からフルカラーへ。そして今現在も進化を続けています。
弊社もCAD導入して13年。何回かバージョンアップしていますが変わる度に驚く私(笑)

今の外構専用CADは本当に優秀で、リアルに表現する事が可能で
イメージや実際の施工とのズレも少なくなったように思います。
ただ、写真以上の絵を初心者でもある程度描けてしまうので
CAD図面の見た目やデザインの良さだけではなく
現実味のあるご提案を、いかに施工に移せるのか
本質が問われる時代になった様に感じます。



今回書いた3つは事務的要素の変化です。
この25年で画期的に便利になり、簡単になり、速く出来るようになり
その結果。一部分の仕事がとてもやりやすくなりました。
それって、ものすごい変化であり、もはや進化

それに伴って外構業界のイメージもちょっとお洒落になり
エクステリアという言葉もお仕事もご理解頂ける様にもなり
業界が活性化するのはほんと喜ばしいこと。

なのですが。

けれど。でも。だけど。

業界すべてがスムーズになった訳ではなく
事務的に便利になればなるほど生じてしまう
実際の現場との「需要と供給」「理想と現実」
「バーチャルとリアル」の距離感や認識やバランスが
なんだかとっても複雑になってしまっていて
世代や時代だからなのか。
業界歴が長いからこそ感じるのか。
ひと昔前とはまた別の悩みやジレンマや
想いがあるのが正直な話ですはい。


次回はそのあたりを
ご説明させて頂きたいと思います




実はですね。 
弊社は営業販社ではなく自社施工店なのですが
うちの職人さんだけでは手が足りない時には
仲間の職人さん達にもサポートに入って頂いております。

じゃ!自社施工じゃないんじゃないの?って
心配してしまうかもしれませんが、大丈夫です!!

まず、普通の営業販社と根本的に違うのは
弊社の場合社長自身が職人ですので
一番肝心な現場の細部まで熟知しております。

ですから、仲間の職人さん達にヘルプに入って頂いても
現場でのアクシデントや細かい収まりも適格な対応ができます。
それにヘルプの職人さんの個性も腕も得意分野も把握して
信頼して手伝って頂いているので
工事の進行状況はもちろん施工の指示
電話や現場でマメに確認し合いながら進めて頂いてます。

職人さんだけにまかせっきりみたいな事は、
今もいままでも致しておりません。
弊社の職人さんはもちろん仲間の職人さん達も
皆、前向きな職人さん達ばかりですので
ご安心頂けたらと思います


あと自社施工店ならではな所は・・・


①置き場がある(職人さんの休憩所付)
置場              
                                    社長と関さん発見!

②砂やガラの一時保管場所がある
ガラと砂
頻繁に使う砂は随時ストック。ガラは満杯になったら産廃やさんに持ち込みます

③ダンプ・ユンボ・軽トラなど重機をもっている
ダンプ
働きモノのダンプくんは2台フル稼働♪(写真を撮った日は現場お休みの日曜日でした)

④置き場用のショベルカーもある
komatsu.jpg
 置き場内の土や砂を移動する時などに使います。

とかいろいろです。 はい。


あまり知られていないのですが
工事で出るガラ(廃材)など捨てるのも
ダンプや重機を重機屋さんからお借りするのも
砂やブロックを運んでもらうのにも
どうしてもお金がかかってしまいますからね。

その分を少しでも抑え、お客様に貢献できる様にと
創意工夫をして体制を整えてきた15年です。


今普通に毎日使っている
このお借りしている置き場の場所さえも
はじめは茂みみたいな荒れ地で
平らにするのさえ大変だったりと

今では思い出となり、歩んできた道となりましたが
その時はほんと必死で必死で(笑)
道なき道を我武者羅に進んできた感じで(涙)

初代ですし、ここまでくるのにはかなり
無茶無理の連続な15年でした。
正直今も現在進行形で色々大変なんですけどね


それでも。

お客様に安心して施工をお任せ頂けるよう
職人さん達も集中して施工に励めるようにとの
私達の「三方よし」精神は何も変わってないのです。

時代は変われど、変わらないものもあるのです


・・・っと。
今回普段あまり言わない事を書いてみましたが
次は逆に変わったなぁ~っと思う事を書いてみようかな


秋ですね。 
あらら。あっという間に
9月がスタート。

9月の次は10月!
10月終わったら11月!?
そしたら12月で年末だよー
今年終わっちゃうよー

っと。

一見当り前な事を
事務所のカレンダーをみながら
朝からひとりで騒ぐ私

1年も。1カ月も。1週間も。1日も。
1時間も。1分も。1秒も。

とにかく過ぎていくのが早すぎて早すぎて
ほんと困りますね。

追われないよう。流されないよう
毎日確認しながら、調整しながら
1つ1つ進めて行くのがやっと

時間をいかに有効に使っていくのか
行動に移していけるのかが
日々の大きな課題の様な気がします。

さて。
今日はどこまで出来るかな。
何が出来るかな。

今日も1日頑張りましょう~