FC2ブログ
仕事と作業 
10月、11月は外構やさんとして
とても仕事がはかどる時期

ただその分日が短くなってしまうので
毎日の作業時間がさらに貴重になります。

先日も近くの現場の土間コンクリートを
打設終わり、空いた少しの時間に
親方が事務所に寄ってくださって
いけざわ社長といっしょに
次の現場の確認をしておりました。

oyakata.jpg
時間の有効活用です!

写真や資料だけではしっかりと確認できないので
この日はこの後ふたりで現地へ状況確認にも向かいました。

現場を任された職人さん達も
いきなり行ってすぐ作業ができる訳ではないので
スムーズに工事が進められるよう
場所と現状と作業内容と
部材の手配と重機の空き具合と
職人さん達の進行状況と天候などなど
をみながら動きますので
なかなかなかなか複雑なんです。

このお仕事は
ひとりでは成しえないことばかり

お客様のご依頼やご相談1件1件
沢山の人のお力をお借りしながら
限られた時間と人手を精一杯工夫しながら
完成まで進めさせて頂いております

さてさて今日はどこまで出来るかな。

作業と仕事の違いを意識しながら
今日もがんばりたいと思います!


休憩と休息 
先日ホームセンターへ家庭の洗剤など買いに行った時
思わず一目ぼれして衝動買いをしてしまったのが

            
  クリスタルパズルのスヌーピー
休憩の友   
  
ビーグル好きにはたまらない一品
目の保養としてデスクの上の棚に飾っております

スヌーピー後ろにあるカラフルメモも
お客様の案件整理に使っているお気に入り

用途に合わせて色分けしたりして
ホワイトボードにとっても映えるのです。

こんな感じで毎日のお仕事も
お気に入りのアイテムで気分をあげて
日々進めさせて頂いております。

ま。最高の癒しは 
お庭のレオン会長なんですけどね

休息の友

だいぶお顔も白くなっておじいちゃんになりましたが
相変わらず心は少年です

今日はそんな私の癒しのお話でした。
根伐と掘削 
ただいま施工中のK様邸は弊社龍ヶ崎店から徒歩3分
この18年で歴代3位に入るくらいご近所さんです

現場が近いので事務所スタッフも
10時のお茶の時間にあわせて現場にいって
差し入れをしながら進行状況の確認&勉強をしています
自発的にっていう前向きな気持ちが嬉しいですね

なかなかこまめに写真に収めきれない工程も
新人君が写真に撮ってくれているので
今度私も一緒に現場について行って
撮っているのを撮ってこようかと思っています(笑)


で。この写真はブロックを積むための
根伐り(ネギリ)と掘削(クッサク)

DSC_0172.jpg
ベテランちゃ~くんがユンボで丁寧に土を掘ります

DSC_0173.jpg
掘った土は排土板で移動しながらまとめます

DSC_0174.jpg
細かい部分はスコップを使って手掘り。人力です!

DSC_0178.jpg
天候や土質によっても土の硬さが違うの大変です

ブロックを積む前の下準備。
見えなくなってしまう部分もしっかり
手間が掛かっています。

工事はもちろん
人も腕も仕事も 下積みが大事
一見目立たない地味な努力ほど
後々大きな差が出るのですね。

どう言ったかより
どう行動してきたか
かと。

工事もスパイラルも
コツコツ進んできますよ

探検と探究 

たぶんもう長いことこのブログを読んで頂いている方なら
「その時期なのね」っと
秋の訪れを感じて下さるかと思いますが

そうです!10月のこの時期密かに楽しみにしている
馴柴小学校2年生のあのかわいい探検隊が
今年もスパイラルガーデン龍ヶ崎店に来てくれました

tanken_20181019190530ce3.jpg
  今年も ウェルカムボードでお出迎え

tanken1_201810191909032c8.jpg
 元気一杯なご挨拶にいけざわ社長もにっこり

tanken3_2018101919053203a.jpg

スパイラルガーデンについて色々調べて
色々考えてきてくれた質問タイム

tanken2_20181019190531a4c.jpg

どんなお仕事なのか、どんな道具を使うのか
お庭作りで何が一番大切なのか
工夫していることはどんなことなのか
会社の名前の意味はどんな意味なのか

沢山のピュアな質問に精一杯お答えさせて頂きました

tanken4.jpg

社長さんへの質問タイムの後はお庭の見学。
絵をかいたりお花をみたり実際に建材を触ってみたり とても楽しそうですね
子供たちの笑顔と笑い声にあふれるお庭ってなんだかとっても幸せ

tanken5.jpg

すぐ横を走る竜ケ崎線のまいりゅう電車に手をふる子供たち 
なんとも龍ヶ崎チックな微笑ましい1枚が撮れました


かれこれ10年以上この社会科見学にご協力させて頂いているスパイラルガーデンなのですが
ブログを始めた2008年2009年の探検隊の時はまだ古い店舗時代だったり 社長も若いっ(笑)
2011年は色々イベントも開催していたり、私も若かったっ(笑)
2015年から新しくなったお店で初の探検。
2016年は半袖!?残暑が厳しかったみたいですね
2017年は時間があったのでCADも見てもらったっけ。

ちなみになぜ毎年いけざわ社長しか映っていないのかと申しますと
初めの頃は私達2人だけだったし、他は毎年定休日の日の
ご来店なのでスタッフがお休みだったからなんですよ。

この10年建物や環境、私たちの年齢こそは変わってしまいましたが
お仕事や子供たちに対する想いは当時からなにも変わらず。
今年も私達にとっても改めて初心や童心に戻れる特別な1日になりました。

今回特にびっくりしたのは
「うちのお庭もスパイラルガーデンに作ってもらったの」っと教えてくれた女の子は
10年程前に施工させて頂いたお客様のお子さんだったんです

あの後お子さんが生まれた事は聞いていたのですが
ま・さ・か こんなに大きくなってうちに来てくれるとは

地域密着型のお庭やさんならではな仕事冥利に尽きる嬉しいで出来事でした
風速と風害 
10月入ってすぐの台風の影響で
カーポートの屋根が飛んだり、木が折れたり
物置がズレてしまったり、フェンスが倒れてしまったりと
かつてないほどの風害があり、台風直後から
弊社にもご相談やお問い合わせが多数寄せられました。

被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。

カーポート
街中でもカーポートの屋根が数枚抜けたご家庭を多く見かけ
今回の台風の風の強さを目の当たりします

基本カーポートは風速42m/s相当の風にも耐えられる様に
もともと設計されているのですが
向きや場所によって状況が変わってしまいます。

外構の建材も日々進化していて
今現在カーポートの屋根は軽くて丈夫な
ポリカーボネート版になっているので
昔のような割れてしまう被害はなくなりました。

強風の日は支え棒を利用してある程度は
カーポートの揺れも軽減することが出来ますが
限度超えた風圧がかかってしまうと
柱や本体が折れてしまわないように
屋根のパネルが外れるようになっているのです。

そうでもしないと柱が折れたり倒れたりして
もっと大きな被害になってしまいますからね
今回のようにパネルが飛んでしまっても
決して施工ミスや欠陥商品ではないので
ご心配なさらないでくださいね。

尚、台風被害は加入されている保険が
適応される場合もございますので
一度保険屋さんにご確認頂けたらと思います。

いまは先日の台風で各メーカーさんも保険屋さんも
工事の職人さんも大変混雑している状況です
順番に対応させて頂いておりますので
ご相談頂いているお客様も
もう少々お時間を頂けたら幸いです

今年もあと2カ月半。
皆さんが穏やかな気持ちで
年末年始を迎えられる様に
もうひとがんばりですね
取捨と選択 
10月に入ってから季節外れの夏日があったりしましたが
ここ最近は雨も降ったりしてぐんと秋めいてきましたね。

先日も玄関先で久しぶりにカタツムリを見かけて
なんだか嬉しくなって思わず パチリ

なかなかアートな1枚が撮れました  ガーデンで見つけたスパイラル!

denden.jpg

弊社のロゴのスパイラルはアンモナイトをイメージしていますが
「スパイラル」・螺旋の意味に含まれた
不変の美・黄金比・連鎖変動などもまるっと含めた意味合いになっております。

だってDNAも指紋も植物もかたつむりも向日葵の種も銀河もスパイラルだなんて

そんな窮境の美を追求していきたいそんな壮大な志ポリシーだったりします

あと。この写真を見て思ったのは 人生は取捨選択の連続だなってコト

ピンコロの目地が道に見えると・・・
カタツムリ君の進むその先には十字路の分かれ道。

進むのか進まないのか。どちらにいつ進むかは
すべて自己選択。自己責任。
進んだら進んだ先の人生がある訳で

うまくいってもいかなくても
自分のチョイスを信じて前へ進む事が大事だなって
改めて考えてしまいました





だって





選択肢や可能性は無限でしょ。

目の前の選択はほんのひとつ。

この写真の様に まだまだまだまだ先は長いのですから


mushimushi.jpg

迷いや悩みもひとつひとつ乗り越えながら 前へ前へ進んでいきたいものです



でも
時間も若さも命も
有限。 

一瞬一瞬を大切に

ですね




品質と本質 

先日の地図の話と似ているはなし。
外構業の取り巻く状況は
時代と共に変化をしていますが

実は。日々進化を遂げていている部分と
昔から変わらない部分との2極性があります。

特にこの短期間でものすごく変化したのがCAD図面。
いまの外構CADは性能が良いので
現場を知らない人でもしっかりとした指導があれば
数カ月である程度の図面を書けてしまう時代なのです。

進化して書きやすくなりご提案させて頂く側としても
お客様にお待たせする時間が昔より断然短くなり
さらに見やすくなったのも素晴らしいことなのですが

逆に現場の知識のある指導がなければ
細かい納まりなど考慮していない
実際の施工と伴わない図面が出来てしまう危険性も
ゼロではない。そんな時代になっています。

だからこそ今の時代のご提案図面は
見た目やイメージだけではなく
実際の施工とのバランスが大事。

現場を熟知している知識と人財が
なにより貴重になっています。

初めて外構を考えるお客様方からしたら
どうやって決めたらいいの?どこに頼めば良いの?っと
悩んでしまったり心配になってしまうかと思いますが

外構はネットやバーチャル上での話ではなくて
実際のリアルな世界でのことですから
ネット上の情報や見た目だけに惑わされることなく

実際に足を運んで人と会ってよく話をしてみて
ご自分の求められているご要望にあった
信頼できる会社を選ばれると良いかと思います。

外構は高いから良いわけでも
安いのが良いわけでもないので

何を基準に見分けると良いのか
お悩みの時は・・・お気軽に弊社にご相談ください。
ポイントや秘訣などもアドバイスさせて頂きます

トップシーズンの現在は若干混みあっており
通常よりもお時間を頂いておりますが
経験豊富な職人出身のいけざわ社長を中心とした
私達スパイラルガーデンスタッフが
心を込めて精一杯対応させて頂きます

外構はお家の次に大きな買い物ですし
ほぼ一生ものですし、毎日使う場所ですし
焦らずじっくり考えられることをお勧めしています

CAD_20181012112800b37.jpg
いけざわ社長と図面の打合せ中のCADオペスタッフ
迷わずラインを引いていく社長の姿に感動しておりました

お客様の立場になってワクワクしたり感動したりする
素直な気持ちは仕事うえでも大事大事

そんな素直で一生懸命なスタッフと共に
クオリティーとエッセンスを高めていきたいと思います♪
感謝と感激 
ここ最近デスクワークの時間が増えたので
久しぶりにブログ連続更新です

はい やればできる子です
基本私公私共に嘘偽りが嫌いな性分なので
書けない時は無理に書かないスタンスはこの10年変わらず

でも今回の書けない時期に
ぐ~んっと元気とやる気が出たのは
この小休憩も気長にお待ち頂いて
やさしくリクエストもしてくださった
N様ご夫婦のお言葉でした

「いつも楽しみにしていますそろそろ…」って直接お声をかけて頂いて
めっちゃ嬉しかったのです。心から感謝申し上げます

N様

先日お打ち合わせでご来店頂いた時も
「写真ブログに使ってください」っと撮影OKまで頂き
もぅなんて素敵なお客様なのぉ~っと感動

スパイラルは素敵なお客様ばかりで
ほんと幸せなんですよ


N様からご依頼頂きましたお庭の工事も
ただいま材料を手配して準備しております

日程が決まり次第いけざわ社長から
ご連絡させて頂きますのでも少々お待ちください

私も微力ながら猫の手ながら
久しぶりに現場に入らせて頂きます!

10月、11月は植栽工事も目白押しなのです

限られた時間と少ない人数ではありますが
今できる最高の施工を心がけております

準備が整い次第順番に入らせて頂きますので
何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。
時代と世代 
先日の話。

親方が担当する現場の地図を取りに
事務所に寄ってくださいました。

同じ会社に勤めているものの
担当業務が違うので
私はなかなか職人さん達と
お会いできないんです

たまに私も社長にくっついて現場をまわる時か
雨の日職人さんが打合せで来てくれる時ぐらいかな

お会いできると嬉しくってつい色々話をしたくなって
先日は先日で地図の話をしてました。

「親方今って便利な時代になりましたよねー」って

親方はこの道60年の超ベテラン
落語でいったら真打です

いけざわ社長は
まだ26年程度ですから
やっと二ツ目ぐらいでしょうか

親子ほどの年の差ですが
男気あるもの同士もう長いこと
共にお仕事をさせて頂いております。

で。地図の話に戻しますが

地図ってほんと一昔前までとても貴重で高価で
お客様の現場にたどり着くまで手間もかかってました
大きな地図を購入したり法務局行って調べたり・・・
今は信じられないくらい便利な時代になりました。

ポチッた商品が次の日届いてしまうぐらい
便利が当たり前なこの時代

外構業も昔に比べてかなり認知度も上がったし
種類も情報も多くなったし
おしゃれなイメージになった気がしますが

実際現場で泥と汗にまみれて
キッチリ工事を収めてくださるのは職人さん達
今も昔も変わらず手間暇かけて時間もかけて
ひとつひとつ創り上げる貴重なお仕事なのです

でもでも若い成り手がいなくって
ほぼ絶滅危惧職になりつつある職人の世界

70過ぎても現場で活き活き働いている親方を見ると
こんなカッコイイ男の生き方もあるんだぞ!っていいたいし
若い男の子世代にも知ってもらいたいなぁーって思います

弊社の24歳の新人君も
現場でみた親方のコテさばきに感動してました
生涯現役のカッコよさを目の当たりにした様です

なんかまとまりのない話になってしまった気もしますが
何が言いたかったのかというと

「故きを温ねて新しきを知る」って大事。
昔のことは知りませんではもったいないなって。

そんな時代と世代を感じる40代の悩み
あるあるかな。
いっそ時代も世代も超えちゃうぞ(笑)
経験と実績 
きたきたきたきた~

待ちに待った特注プレートが出来上がってきました

許可書  
               「建設業の許可票」

弊社の実績が認められ国土交通省より申請が受理されました。
外構業は「とび土工工事業」にあてはまるんですって。
膨大な資料を作成してくださったK先生にも感謝しております。

実績というのは文字通り
実際にやり遂げた成果・業績
過去において実際に生産した物質の量

この18年間お客様のお庭を1件1件お創りし
誠心誠意お仕事に向きあってきた
長年の経験の賜物なのですね

ここ最近10年前、7年前のお客様からの
久しぶりのお問合せやご来店があったりして

覚えてくださっていたお気持ちと
ずっと続けてこれた喜びを感じておりました

継続は力なり ですね

お庭のお仕事の奥の深さも痛感します はい

信用と信頼 

ただいま施工中のお客様の現場は
弊社店舗龍ケ崎店とつくば店のすぐ近く

地域密着感が嬉しいですよね

お庭はほんと未完の賜物
自然や環境、ご家族と共に
年々変化していきますから

お庭のお悩みやお困りな時などその都度
お客様のおかかえ庭師感覚で
これからも末永く
お付き合いさせて頂けたらと思います。

そしていよいよ
龍ヶ崎市K様邸の工事もスタート
お客様の足元の確保と
ポスト・インターフォンの仮設置もバッチリです

Ksama_201810111645273bc.jpg

奥で整地をしているのは
弊社のベテラン職人 親方とちゃ~くんのコンビ
かれこれもう10年以上弊社の社員として
現場で頑張ってくれている信頼している2人です
腕も気概も男前なのです

他にも信頼している職人仲間達のお力もお借りしながら
大切なお客様のお庭を精一杯創らせて頂いております。

信用と信頼があってこそのお仕事
弊社は創業してもうすぐ20年経ちますが
まだまだまだまだ
日々勉強日々改善だなって思います。
まだまだまだまだ
アイデアもやりたい事も盛りだくさん
いままでの苦労も糧にして
リ・スタートならぬリ・ボーンなスパイラルです

さてさて今日も1日頑張ましょう~
境界工事と業界用語 
またまたご無沙汰しておりました

ここ数カ月のバタつきも落ち着きつつあるので
またまたまた新たな気持ちでブログを再開させて頂きます
改めてよろしくお願いいたします。

実は。ブログをお休みしていたその間も
お客様や友人・知人・親族からも
ブログ更新のリクエストを頂きまして
嬉しいやら恥ずかしいやら申し訳ないやら

ずっと変わらずののほほんブログではありますが
実直な仕事と素直な気持ちを10年書き留めてきて
良かったなって思います

また新たな気持ちでスタートするこのブログを
変わらず楽しんで頂けたら嬉しいです♪


さてさて。

そんな私のスローなブログとは関係なく
現場の方はと申しますと
今日も各現場精一杯進めさせて頂いております


こちらの写真はつくば市の境界工事祭り
境界裏
ご近所揃ってまるっと境界工事のご依頼を頂きました♪ありがとうございます

土を掘り、境界杭を中心に木の板に糸を貼り直線をだしていく工程
コレを業界用語で「掘削くっさく」と「丁張ちょうはり」といいます。

境界

奥の方でいけざわ社長と職人さんが
細かい擦り合わせをしていますね

高低差やご要望により
積段数や仕様が異なったりしますので
現場での細かい打合せがとても大事
簡単そうで実は難しくって緻密なのが外構工事

現場が水物と昔から言う通り
日々想定内外色々起きますが
現場をしっかり収めてなんぼなお仕事。

起業してもうすぐ20年経つ今
現場で修行した経験と
いままで積み重ねてきた実績と
周りの方々から頂いている信頼は
財産だなって思います

いまもいままでもこれからも
三方よしの精神で精進して参ります

それにしてもやっぱり
写真だと現場の様子がわかりやすい♪
これからもどんどん現場の様子も撮ってきますので
楽しみにして頂けたら幸いです